仕事

転職を考えているなら早めに登録しておくべき転職エージェント3選

新卒からダラダラと勤めてきたけれどそろそろ転職を考えないといけないかなぁ。ずっと今の会社に居てもあまり将来性はなさそうだし。。
悩む男
モリ ユウキ
そんなアナタにお勧めしたいのが転職エージェントへの登録です。本記事では転職を考えている方の為に、転職エージェントについての解説と、実際におススメの転職エージェントを紹介していきます。

転職サイトと転職エージェントの違い

まずは、転職サイト転職エージェントはどう違うのかを知っておきましょう。

就職活動をしていた時にリクナビを使っていたけど、転職サイトってそれのことですよね。転職エージェントって何ですか?
悩む男

 

転職サイトは、自分で好きな求人をサイトから探して、応募から面接まで進めていくサービスですね。就職活動を行う学生時代には、ほぼ全員の方が使っていたのではないでしょうか。

一方、転職エージェントは、キャリアアドバイザー、キャリアコンサルタントといった就活のプロが自分の適正に合った求人を紹介してくれるサービスです。

1から全て自分で進めないといけない求職サイトとの大きな違いは、求人の紹介や書類の準備、面接の対策から入社のフォローまでを行ってくれるので、より効率的に転職活動を進めることができます。

時間に余裕が合った学生時代には意識していなかったけど、社会人になって働きながらだと転職サイトだけで自分に合った仕事を探すのは難しそうですよね。
将来について考える男
モリ ユウキ
安心してください。そんな人の為に転職エージェントがあるのです。

 

転職エージェントを使うメリット

でも「転職エージェント」のメリットがまだ今ひとつ掴めないなぁ。
悩む男
モリ ユウキ
では、次に転職エージェントを使うメリットについて解説します。

転職エージェントを活用することで得られるメリットは大きく分けて次の5つが挙げられます。

転職エージェントを使うメリット

  • 無料で利用できる
  • 自分に合った企業を紹介してくれる
  • 一般非公開の求人を紹介してもらえる可能性がある
  • 書類審査、面接の通過率を上げてくれる
  • 様々な相談に乗ってくれる

①無料で利用できる

転職エージェントは基本的に、無料で利用できます。なので、実際に転職をするかしないかがハッキリと決まっていなくても、とりあえず登録しておくという方法を取るコトもできます。

モリ ユウキ
お金をかけずに、有益な情報を提供してくれるプロの存在はありがたいですね。

②自分に合った企業を紹介してくれる

転職エージェントに登録後、担当エージェントの方がまず求職者と面談を行い、その上で求職者に合った企業を紹介してくれるというメリットがあります。

③一般非公開の求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、一般には非公開とされている求人情報を企業から預かっている場合があるため、その求人を紹介してもらえる可能性が出てきます。

一般公開されている求人よりも給与が高い等、質の高い求人と巡り合うチャンスが生まれます。

質の高い求人、、、それは最高のメリットですね。
将来について考える男

④書類審査、面接の通過率を上げてくれる

転職エージェントは、企業がどのような人材を求めているかを把握している為、企業の要望にマッチした「履歴書」「職務経歴書」となるように求職者にアドバイスすることができます。その結果、面接、書類審査の通過率が上昇する為、転職の成功率を高める事ができます。

モリ ユウキ
面接のプロが直々にその企業にマッチした書類の作成方法を教えてくれるのはとてもありがたいですね。

⑤様々な相談に乗ってくれる

円満退職の方法や、転職すべきタイミング、その他転職に関する悩みを相談できることも大きなメリットです。自分1人で抱え込まず、その道のプロに相談することで精神的な疲労を軽減することができますし、転職に伴う不明点を解消出来るという点がありがたいところです。

転職エージェント、メリット沢山あるんですね!これは転職活動をする際には是非とも活用したくなってきました!
前向きになった男
モリ ユウキ
但しデメリットが全くない訳ではありません。
えっ、、やっぱりメリットだけじゃないんですね。。
悩む男

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを実際に利用した体験から感じた転職エージェントのデメリットについても言及しておきます。

転職エージェントのデメリット

①担当者によって良し悪しがある

②担当者によっては早期での転職を提案され、自分の希望通りの仕事に就けない可能性がある

担当者によって良し悪しがある

当然ですが、担当になるエージェントのレベルはある程度運に左右される要素がある為、相性の良し悪しも含め、対応に差があるという声が口コミを見ても多かったです。

モリ ユウキ
これは自分で担当者を選べる訳ではないので、ある程度仕方ない部分もありますね。相性も含めてあまり合わないと感じれば別の転職エージェントと契約することも視野に入れることをおすすめします。

 

担当者によっては早期での転職を提案され、自分の希望通りの仕事に就けない可能性がある

これは転職エージェントの収益発生のモデルに由来します。

転職エージェントの収益は、登録している人材を企業に紹介し、その対価として紹介者の年収の約30%を転職エージェント会社が得る仕組みになっています。

転職エージェント側からすると登録者がどこかしらの企業に転職してくれないと会社にお金が入ってこないのです。

また、転職してくれたとしても、登録者がその転職先をすぐに(調べたところ目安としては3ヶ月以内のようです)に辞めてしまった場合、転職エージェント側が該当企業に代わりの人材を用意するか、成果報償金を返還しなければならない等のリスクが生じます。

その為、転職エージェントの中には転職希望者に早いタイミングで入社してもらえて、すぐには辞めないような企業に入ってもらわないと、という思いから転職希望者が望まない企業への早期での転職を勧められるケースも考えられます。

モリ ユウキ
とはいえ、強い転職希望がないのに無理やり転職先を決められる、などということは基本ありませんので、ご安心ください
どちらにせよ意思表示ははっきりしないといけないということですね。
将来について考える男
モリ ユウキ
それでも、転職エージェントは上手に活用すれば受けられるメリットの方が大きい便利なサービスであることは間違いありませんね

おすすめ転職エージェント3選

エージェントに登録した方が転職活動がスムーズに進むイメージは出来ました。でもどの転職エージェントに登録すれば良いんだろう。検索するといっぱい出て来てどれが良いのか迷います💦
悩む男
モリ ユウキ
そんなアナタにもおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。どれも実際に私も登録したことがあるエージェントです。

おすすめ転職エージェント

①doda

②リクルートエージェント

③ビズリーチ

①doda

業界最大手のエージェントの1つがdodaです。IT、通信、営業、企画系の求人情報に強く、「転職サイト」と「転職エージェント」の2つセットでサポートを行なっている為、登録の際はサイト、エージェント共に登録しておくと良いです。

 

doda登録はコチラ

※仮リンク

②リクルート

転職支援実績数NO1、業界最大級の非公開求人数を誇るリクルートです。実績豊富なアドバイザーから充実した転職サポートが受けられることを売りにしています。

多くの求人を見てみたい方、出来るだけ早く別企業へ転職したい人向けです。

リクルート登録はコチラ

※仮リンク

 

③ビズリーチ

基本無料で登録出来る転職エージェントですが、コチラのビズリーチは「会員制」の「有料サービス」であることが特徴です。

ビズリーチでは、キャリアコンサルタントなどの担当が付かず、企業やヘッドハンターが登録者の職務経歴を見て直接スカウトをするシステムを取っています。

会員になれば公開求人を見ることができます。

全てのサービスを利用する為には有料のプレミアムステージに登録する必要があります(無料のお試し期間もあります)。

登録自体は無料ですし、無料会員でも受けられるスカウトや応募可能な求人もありますので、まずは無料会員登録だけでも済ませておきたい求人サイトです。

モリ ユウキ
年収600万以上を狙う層のハイクラス向け転職を狙う方向けですね
年収600万。。僕の約2倍、、うぅ。。
自信のない男

ビズリーチ登録はコチラ

自分の市場価値を高めよう

転職を考えているにせよ、今はまだそこまで転職熱が高まっていない人も、転職サイトや転職エージェントを自分の市場価値を図る指標として取り入れてみることをおすすめします。

1つの会社で長年働いていると、その会社でしか通用しない能力ばかりで自分の伸び代が固定されてしまっている、なんてことはないでしょうか。

モリ ユウキ
実際に私は自分が勤めていた会社の仕事内容が、他の業種や企業で活かせるものが少なく、自分の成長が止まっていると感じたことが転職エージェントを登録するきっかけになりました。

自分の市場価値を高める為には、まず市場から自分がどのように評価されているかを把握しなければなりません。その為のツールとして「転職サイト」や「転職エージェント」を活用してみてはいかがでしょうか?

年収を上げる為には自分の市場価値を上げていく。もしくは正しく自分の価値を評価してくれる会社に就くことが必要です。

モリ ユウキ
自分の価値を高めようと行動することがまず大切です。転職を考える以外にも、まず空き時間から取り組めるブログなどの副業に取り組むこともおすすめです。自分の価値をアップさせる行動をとって人生をより良いものにしていきましょうね。
副業するならブログがオススメ!資産になるストック式の働き方

続きを見る

 

 

 

-仕事

© 2020 モリブログ Powered by AFFINGER5